麻生久美子、出産後初ステージ 大泉洋「なんて鈍感なんだと自分を恥じた」

Billboard Japan 2012.09.05

 映画「グッモーエビアン!」の完成披露試写会が5日、東京都内で行われ、出演者の麻生久美子、大泉洋、三吉彩花、山本透監督が登壇した。
 本作は、吉川トリコさんの同名小説を映画化。パンクロックのビートに乗せて新たなファミリー像を描く。
 パンクロッカーを演じた大泉は「まったく自分の血にはないもの。監督にムード歌謡か演歌に変えてくれないかと本気でお願いした」と語り、笑いを誘った。
 一方、出産後初ステージとなった麻生は「今回は母親役だったこともあるが、おなかの中に赤ちゃんがいたので、これまでとは違った感じで撮影に臨んだ。妊娠中に撮影した唯一の作品なので特別な思いがある」と語った。
 また「迷惑を掛けてはいけないと思い、監督以外には妊娠のことは黙っていた」という麻生に対し、大泉は「一番最後のライブのシーンを撮影するときに、本当に具合が悪そうで、なんて病弱で体調管理ができない人なんだと思ったが、後で(妊娠していたことを)知らされて、なんて鈍感なんだと自分を恥じた」と明かして笑わせた。
 映画は12月15日テアトル新宿ほか全国ロードショー。


http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/6902
創作者介紹

Just*麻生久美子

kumikoa 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()