三木聡監督&麻生久美子コンビが再び - 映画『インスタント沼』舞台挨拶

2009年5月14日 マイコミジャーナル

5月23日公開の映画『インスタント沼』の舞台挨拶が13日、都内ホールで行われ、主演の麻生久美子と三木聡監督が出席した。

ドラマ『時効警察』(テレビ朝日系)シリーズや映画『転々』(2007年)などのヒット作を手がける三木聡監督の最新作である『インスタント沼』は、麻生久美子が演じるヒロイン・ハナメが、泥沼のようなジリ貧人生をやり直そうとする物語。胡散臭い骨董屋の電球(風間杜夫)やパンクロッカーのガス(加瀬亮)らとの出会いによって、トラブルに巻き込まれながらも人生が少しづつ変わっていく。三木監督らしく、随所に予測しづらい仕掛けが施されており、謎と笑いが満載の内容となっている。

舞台挨拶に立った麻生は「三木さんからこのお話をいただいた時はびっくりしました。『時効警察』は楽しかったんですけど、"三木組"に入り込めない感じがして。以来ご一緒できず、嫌われているのかなと思っていました」と明かすと、三木監督はすかさず「前に1回出演をお願いしたら断られているんですよ!」と反論。続けて三木監督は、「脚本を書き上げた頃には、ハナメは麻生さんにしかできないと思っていました。ハイテンションの芝居を楽しんでもらえれば」とPRした。

タイトルが謎めいている『インスタント沼』。その意味について、三木監督は「昔、テレビ朝日の側にある沼の水を抜いて泥も掘って、別の場所に移して同じ沼を作ろうというバラエティー番組の企画があって。もちろん企画は通らなかったんです。それならば映画にしてみようと(笑)。だから構想10数年ですね」と笑わすが、ストーリーの終盤でその謎が明らかになるという。


『インスタント沼』は、5月23日よりテアトル新宿、渋谷HUMAXシネマほかで全国ロードショー


http://journal.mycom.co.jp/news/2009/05/14/011/
創作者介紹

Just*麻生久美子

kumikoa 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()