麻生久美子、長瀬智也が恋するヒロイン役に!日テレ1月新ドラマ『泣くな、はらちゃん』

[マイナビニュース 2012/12/07]

 2013年1月からスタートする、長瀬智也主演の新土曜ドラマ『泣くな、はらちゃん』(日本テレビ系)のヒロイン役に、女優・麻生久美子が決定!本作は、かまぼこ工場で働く女性・越前さんが、日常生活の不満や欲求をぶつけた自作の漫画の中のキャラクター・はらちゃん(長瀬)が現実世界に飛び出し、恋する越前さんのために大奮闘するというストーリー。その越前さんを演じる麻生は「連続ドラマに出演させていただくのは久々になるので不安もありますが、漫画からヒーローが飛び出てくるというファンタジーの世界感を、長瀬さんをはじめとする共演者やスタッフの皆様と楽しく作っていけたらと思います」と、意気込みを語った。

 河野英裕プロデューサーは、麻生の起用理由について「捕まえたと思ったらすり抜け、ピッタリあったと思ったらずれていて、そんな永遠の憧れを演じられる女優さんだと思っています。漫画の世界から出たはらちゃんが初めて恋をして、その姿を追いかけ続ける女性としてまさしくぴったりで、土曜ドラマに新しいヒロインの誕生を期待しています」とコメントした。

 そして、本作ならでは見どころのひとつは、はらちゃんが飛び出した現実世界と、彼がもともと存在していた漫画の世界、この2つの世界が入り乱れるという、これまでのドラマには無い設定と手法が用いられている点だ。今回、2つの世界にそれぞれ登場する人物を演じるキャストも、併せて発表された。越前さんに片思い中のかまぼこ工場の男性社員・田中くんに、関ジャニ∞・丸山隆平。同じく工場の女性社員で「何者かになりたい」との思いで仕事が終われば路上ライブをやっているがうまくいかず、実は田中くんが好きという紺野清美に、女優・忽那汐里。そして、はらちゃんが現実世界になぜ飛び出てきたのか、なぜ漫画と現実世界がつながったのか、その秘密の鍵を握る工場のパートリーダーで謎の女性・矢口百合子に、薬師丸ひろ子。ほか、かまぼこ工場の工場長・玉田に光石研、越前さんの弟役に菅田将暉、母親役に白石加代子らの出演が決定している。

 また、越前さんが描く、その名も「泣くな、はらちゃん」というタイトルの漫画世界の住人たちは、2次元の絵としても登場するが、時に「トイストーリー」の登場人物のように語り出す。「かつて現実世界に行った事がある」と謎めいた発言をするなど、ある秘密を握っている、アネゴ肌で過激発言が多いが“たまにはもっと前向きなことを言いたい不満”があるユキ姉に、奥貫薫。はらちゃんの飲み仲間で、彼の言うことには全て同意する良い人だが本人は“賛成するだけのキャラクターに不満、いつか自分も現実世界に飛び出てみたい”と狙っているマキヒロに、賀来賢人。はらちゃんの飲み仲間で、“くだを巻くはらちゃんに酒を勧めるだけのキャラクターに不満”のあっくんに、清水優。本名も、どうして笑っているのかも不明、越前さんの気分次第で描いてもらえないこともある笑いおじさんに、甲本雅裕。はらちゃんとこの4人がとある居酒屋で、飲んで愚痴をこぼしたり話をしている……それが、漫画「泣くな、はらちゃん」の世界設定。越前さんの描き方にそれぞれ不満を抱えている彼らが、どのように現実世界の物語に絡んでくるかも見物だ。

 現実世界と漫画世界が入り乱れて、全く新しいタイプのラブストーリーが展開する本作。はらちゃんは、越前さんにとっての、漫画世界にとってのヒーローになれるのか!?越前さんは不満だらけの人生を脱し、幸せになることができるのか?長瀬智也×麻生久美子という魅力的なタッグに加え、個性的なキャストで織りなす『泣くな、はらちゃん』を、どうぞお楽しみに!

■『泣くな、はらちゃん』
2013年1月スタート
毎週土曜日21:00~放送(日本テレビ系)

【出演】長瀬智也、麻生久美子、丸山隆平、忽那汐里、賀来賢人、菅田将暉、清水優、稲川実代子、小松和重、甲本雅裕、奥貫薫、光石研、白石加代子、薬師丸ひろ子


http://news.mynavi.jp/c_cobs/news/dogatch/2012/12/1-48.html
創作者介紹

Just*麻生久美子

kumikoa 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()