麻生久美子、ウエディングドレス姿は「気分よかった」

4月16日6時30分配信 オリコン

主演にオダギリジョーと麻生久美子、監督に岩松了の組み合わせが再び実現!『時効警察』のメンバーがふたたび顔をそろえる映画『たみおのしあわせ』の完成披露試写会が15日(火)、都内で行われた。劇中でウエディングドレスを身に着ける麻生は、舞台挨拶で「うれしかった」と笑顔をみせ会場を盛り上げた。

 本作は、お見合いで知り合い、結婚を前提にした付き合いを続ける優柔不断な主人公が、成り行きにまかせ挙式の日に向けてユルユル歩んでいく物語。その姿は、“しあわせ”とは何かについて観客に考えさせる。

 そんな主人公と相手役を務めるのは、昨年12月に相次いで結婚を発表したオダギリと麻生のふたり。劇中でウエディングドレス姿を披露する麻生は、「撮影は、(実際の結婚より)ずいぶん前でしたが、ウエディングドレスを着られたことはうれしかったです。気分がよかった」と明かした。また麻生は、岩松監督が、結婚発表が映画の公開と同じタイミングだったら宣伝になってよかったのに、と話していたことを明かし、会場を沸かせた。

 劇作家、演出家、俳優として活躍し、独特なセリフと脚本、細かな演出で知られる岩松監督について、ベテラン俳優の原田芳雄は「ダメだしが凄く多かったのですが、そこから発想が広がるような指摘で、大変ありがたかった」とコメント。そのほか登壇したキャスト陣からも、撮影現場好きな監督を賞賛する発言が飛び出し、映画の空気感とも通じる現場の和やかな雰囲気を感じさせた。

 この日の舞台挨拶には、岩松監督、麻生、原田のほか、大竹しのぶ、小林薫、音楽を手がけた武藤昭平(勝手にしやがれ)が登場。オダギリはスケジュールの都合で欠席した。

 『たみおのしあわせ』は、2008年夏、シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー。
創作者介紹

Just*麻生久美子

kumikoa 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()