報知映画賞:「それでもボクは…」が受賞 主演女優賞「夕凪の街…」麻生久美子、新人賞に夏帆

2007年12月18日 毎日新聞

今年話題を呼んだ映画に贈られる「報知映画賞」の授賞式が17日、東京都内のホテルで開かれ、「それでもボクはやってない」(周防正行監督)が作品賞に、主演の加瀬亮さん(33)が主演男優賞に選ばれた。主演女優賞は「夕凪の街 桜の国」(佐々部清監督)に主演した麻生久美子さん(29)だった。

 11年ぶりの映画で3度目の受賞となる周防監督は、えん罪をテーマにした作品について「取材を進めていくうちにどんどんつらくなっていった。今回の映画は絶対にうそがあってはいけないという気持ちで作った」と製作の苦労を語り、「もうちょっと(作品作りの間隔を)短縮できるよう頑張ります」とユーモアを込めてあいさつした。主演の加瀬さんは、撮影で被告席に立って「当事者になっても何もできない苦しさを感じた」と振り返った。弁護士役で共演した瀬戸朝香さんがお祝いに駆けつけ「加瀬さんは、法廷シーンで涙する場面ではないのにポロっと涙を見せたことがあって、その演技にゾクゾクしました」と絶賛した。

 主演女優賞の麻生さんは、受賞の知らせを車の中で聞いて「夢にも思わなかったので本当にびっくりして、声を上げて泣いてしまいました」と目を潤ませながら喜びを語った。助演女優賞は「腑抜けども悲しみの愛を見せろ」の永作博美さん(37)、新人賞は「天然コケッコー」の夏帆さん(16)がそれぞれ受賞。永作さんは「腑抜け~」で演じたいじめられ役を「うざいけど親しみが持てるキャラに出来たらと思って演じました。開き直って、それが快感になった」と女優魂を見せた。

 新人賞の夏帆さんは「映画が楽しくなって来ました。たくさん勉強していろんな役を演じてみたい」と話した。夏帆さんには「天然コケッコー」の原作者の漫画家・くらもちふさこさんがお祝いに駆けつけ、「こんなに漫画のキャラクターにぴったりの女優さんがいると思わなかった」とコメントした。

 その他、助演男優賞は「しゃべれどもしゃべれども」「舞妓Haaaan!!!」の伊東四朗さん(70)、監督賞は「天然コケッコー」「松ケ根乱射事件」を手掛けた山下敦弘監督(31)が史上最年少で受賞。作品賞海外作品部門は、昨年11月に亡くなったロバート・アルトマン監督の「今宵、フィッツジェラルド劇場で」だった。【細田尚子】
創作者介紹

Just*麻生久美子

kumikoa 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()