インタビュー:麻生久美子「大人から見れば、嫌な子供だったと思います」

livedoor 2008年09月26日15時17分

 小学5年生、11歳が妊娠・出産するという衝撃的なテーマで、公開前から大きな注目を集める映画「コドモのコドモ」。昨年、松山ケンイチ・成海璃子主演でヒットを記録した「神童」を手掛けた萩生田宏治監督が、子供達の成長をみずみずしく描いている。また、理想を掲げて父兄と校長に臨みながらも、子供達に思うように受け入れられず、戸惑いながらも自分を見つめなおしていくという女性教師・八木先生役を好演したのが、「たみおのしあわせ」、「純喫茶磯辺」など今年7本の作品に出演し、日本を代表する映画女優、麻生久美子だ。お互いに「一緒に仕事をしてみたかった」と話す二人に、作品、自らの演技観・作品観について話を聞いた。

――まず、麻生さんがこの作品に出演を決めた理由、萩生田監督が麻生さんを起用した理由を教えてもらえますか?
麻生久美子(以降、麻生):私にとっては、すごく真っ直ぐで、不器用で、空回りする、八木先生というキャラクターがすごく魅力的で。あまりやったことのない役だったので、この役柄を演じることができれば、自分にとってすごくプラスになるんじゃないかな?という予感がしたのと、監督ともお仕事がしてみたかったので。

kumikoa 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()