目前日期文章:20080705 (3)

瀏覽方式: 標題列表 簡短摘要



『純喫茶磯辺』はたいしたことない映画!?
仲里依紗、麻生久美子らがビミョーなPRを展開

2008/07/05

kumikoa 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()

シネマの週末・トピックス:純喫茶磯辺
 妻に家出され、高校生の娘と暮らしている磯辺。父親の遺産を手にした彼は、思いつきで「純喫茶磯辺」を開店する。「机のなかみ」で注目を集めた吉田恵輔監督の最新作。いいかげんな主人公(宮迫博之)が、妙に色っぽいアルバイト(麻生久美子)にひかれ、いつもふくれっ面の娘(仲里依紗)が父親の姿にあきれている。そんなダメ人間たちの夏を描く。

 他人をイラつかせてしまうヒロインをはじめ、映画では描かれにくい生々しいキャラクター造形が秀逸。浅はかな企(たくら)みやら、都合のいい錯覚やら、人間の恥ずかしい部分をとことん見つめ、その先に愛(いと)おしさを感じさせてしまう監督の手腕が光っている。1時間53分。テアトル新宿ほか。(細)

 ◆もう一言

 中年男性の哀愁と体臭がプーンと漂ってくる宮迫の演技に拍手。麻生もコミカルな演技の中に、三十路にさしかかる女性の微妙な心理を巧みに表現している。(広)

kumikoa 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()

心温まる ダメ親父と娘の絆 映画「純喫茶磯辺」

2008.7.4 18:52 MSN產經新聞

「喫茶店のマスターになればモテる!」。そんな不純な動機で喫茶店経営を始めた39歳、バツイチの中年男、磯辺裕次郎(宮迫博之)。高校生の一人娘、咲子(仲里依紗=なか・りいさ)とアルバイトの美女、素子(もとこ、麻生久美子)の手を借りて開店したものの、店には癖のある常連客ばかりがやってきて…というハートフル・コメディーだ。

 これが劇場用映画第2作となる吉田恵輔監督(33)は、塚本晋也監督の下で照明を担当。前作「机のなかみ」(2006年)で家庭教師の男と女子高生の関係を予測不能な展開で描き注目された。今回のストーリーは、知人から聞いた宝くじで3000万円を当てた夫婦の話が基になっている。2人は喫茶店を開いたが半年でつぶれ、離婚してしまったのだが、その夫婦の無謀な感じが「とても愛(いと)おしく」感じたという。

kumikoa 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()